それ、シイタケでは?!

長梅雨の後に猛暑がやってきました。今年は新型コロナ感染症もあって、仲間とバーベキューという機会も少ないかもしれません。
じつは意外と知られていない、夏のバーベキューシーズンに増える皮膚疾患があります。

「しいたけ皮膚炎」。
痒みを伴う線状の発疹が出る皮膚炎です。

生焼けの椎茸を食べたあと数時間から数日後に発症しますが、未加熱の干し椎茸の戻し汁や加工品の椎茸チップスなどでも発症したケースがあり、その原因ははっきりしていません。
食物アレルギーのように、食べるたびに繰り返し発症することはまれだそうですが、とにかく十分に加熱して食べるよう心がけましょう。

さらに、秋になると「マツタケとシイタケの掛け合わせ」をキャッチコピーにした『松○○○』というキノコが少量ですが出回ります。これ、困ったことに「生で食べられる」「生で食べてもおいしい」とも宣伝されていたりします。
マツタケは松と共生して地面から生えるキノコ、シイタケは枯れ木や倒木を分解しながら生えるキノコ、掛け合わせることなどできません。
では『松○○○』は何なのか。マツタケのような形に成長したシイタケなのです。シイタケ・・・そうです、生で食べたらダメなのです!
ふつうにおいしい椎茸なのに、さも特別なキノコのように宣伝する販売方法は、毎年キノコマニアをざわつかせます。

ところで以前、自然食レストランで「当店のえのき茸は新鮮なので生で食べられます」とサラダに出されたことがありました。
いえいえ、キノコは植物ではなく菌類で、その生態は動物に近いと言われています。「新鮮な菌」なら生食できるなんて、考えられません。

原木栽培しいたけ

何より椎茸に限らず、キノコは火を通したときの旨味がおいしいと思いませんか?
スーパーなどで買える栽培もののキノコは十分管理された環境で育てられているとはいえ、(もう一度言います)キノコは菌類です。ぜひ十分に加熱して、味わいましょう!

この記事を書いた人

kozue

食べることときのこ観察が好き。
人生の目標は「元気なババアになる!」