夏の水やり

夏が近づき、気温がかなり上がってきました。

うちではこれからは水やりの仕事が多くなります。畑なら雨が降れば潤いますが、屋内施設で、しかも小さな直径10.5cmのポットで育てているのでとにかく乾きます。

油断するとすぐにカラカラ

今の時期でも朝昼の2回。もっと暑くなると3回あげないといけないものもあるので、一日の仕事で多くの時間は水やりにとられます。本来水やりは朝一番が良いのですが、そうも言ってられません。

「自動潅水にした方が良いのでは」という話でもありますが、今の生産量ならなんとか手潅水できています。手潅水にはいろいろとメリットがあるので、当面は手潅水でがんばりたいなと思っています。

植物は水をあげるタイミングやその量で生育が大きく変わります。就農する前に研修の先生に「水やり3年」と言われましたが、10年たってもまだ習得できていません。奥が深いです。

お客さんから「花がすぐにだめになってしまう」という質問をいただくことがよくあります。

いろんなケースがあると思いますが、水のやりすぎが原因であることが多いように思います。

「ご飯をあげるように毎日水をあげる」という方もいらっしゃいますが、基本的にコツは、見て乾いていたらたっぷりあげること。

これから湿度が高くなるので、常に濡れている状態だと根腐れを起こしたり、病気が発生する原因にもなります。

乾かしてだめにしてしまうより、水のあげすぎでだめにしてしまうケースの方が多くあります。

もちろん花によっては乾燥が苦手なものもあるので、購入する時に気にしてもらえるとよいと思います。

でも一番大切なことは、毎日よく見てあげることです。よく見て、水を欲しがっているかを想像してもらえればと思います。

それが自動ではなく手潅水をする理由の一つでもあります。

この記事を書いた人

えびさわ農園

三鷹市大沢で花壇用苗物の生産、直売を行っています。年間通して40品目ほどの花を作っており、三鷹緑化センターにも出荷しています。
花を通して、農業や土に触れる人が増えてくれるといいなと考え、毎日花を育てています。